求職者の方へ FOR JOB SEEKERS

解体の様子

解体は建物の終わりではなく
実は、すべてのはじまり

‟解体”と聞くと建物の最後というイメージがありませんか?しかしなにかを潰すことは、実は一番のスタート。解体から半年、1年経って、全く新しい建造物が完成しているのを見ると、自分がその場所を作ったというやりがいと共に、深い感慨を感じられます。

解体の様子

建物の裏側や構造まで、
全貌を知るワクワク感

建物の構造や裏側を知れることも、解体業ならではの楽しみです。弊社は梅田の大手百貨店の改修にも携わりましたが、あんな大きな建物の半分を壊して、半分は普通に営業している。そんな非日常の全貌を知ることは、非常に興味深く、ワクワクします。

除去作業

厳しい環境のなかでも
がんばれるやる気と元気を

汚れや雨、埃に虫など、環境的に厳しいことももちろんあります。防護服を着るため、夏はとても暑いです。しかし小まめに休憩を取りますし、安全への対策は万全。さらに、完全実力主義で、がんばればそれだけ待遇も上がります。まずはやる気と元気のみ、持ってきて下さい。

資格取得のサポート

技術や資格取得は積極的に支援
将来の夢のサポートも

建設に関する技術や資格の取得も積極的に支援します。社長は気さくで、「気になることは改善するので、どんどん言って欲しい」という風通しのいい環境。解体だけでなく、「将来こんな事業をしたい」なんて相談も、温かくバックアップしてくれます。